ただの文章とセールスコピーライティングの違い

 

ただの文章とセールスコピーライテイングによる文章は相当違う。

 

セールスコピーライテイングは
“人を動かす”事に特化した文章だ。

 

コピーライティングの世界には昔からある「3つのNOT」というものがある。

 

1,お客様は100%読まない
2,お客様は100%信じない
3,お客様は100%行動しない

 

というものだ。

 

あなたもそうではないだろうか?

 

よほど、自分から探し求めていた情報でなけば
文章を読まないのではないだろうか?

 

読んだとしても斜め読みで済ますのでは?

 

 

人を動かす→商品を売る

 

という課程においてはまず、文章を読んでもらわなきゃ始まらないのである。

 

だからセールスコピーライターはまず1行目を読んでもらうために全力を尽くす。

 

そうやって2行目、3行目、4行目・・・・・
と読み進めてもらうように設計する。

 

側に居て「これ読んで」とコントロールできればいいが
残念ながらそんな事は出来ない。

 

だから読む人が自然に興味を持ち読み進めて最終的に買ってもらうという行動をしてもらうための

 

いわば道案内のようなものだ。それを文章だけでしなきゃいけない。

 

 

だからセールスコピーライティングと普通の文章は見た目は変わらないが中身は全然違う。

 

私がメンターから強く言われてきた事は

 

コピーライティング=理解

 

理解をしなきゃ、いくら良い事を書いても読まれない。
つまり売れない!

 

次回は事例を挙げながら理解を深めてもらおうと思う。

 

今日もここまで読んでくれてありがとう!

 

 

Follow me!