私が学んだセールスコピーライティングの本や教材その2

 

今回、ご紹介する本はセールスコピーライティングを学ぶぞ!
というつもりで読んだ訳ではないけれど

 

結果として本全体がセールスコピーライティングの本だった!
というものです。

 

あまりにも有名な神田昌典先生の
「非常識な成功法則」

↑ アマゾンに飛べます♪

まだ読んだ事のない人(あまりいないと思うけど)
のために少しだけ内容を書くと

 

8つの習慣で起業家として成功するという自己啓発書です。

 

1,やりたくないことを見つける
2,自分に催眠術をかける
3,自分に都合のいい肩書きを持つ
4,非常識的情報獲得術
5,殿様バッタセールス
6,お金を溺愛する
7,決断は、思い切らない
8,成功のダークサイドを知る

 

個人的には1の「やりたくない事をみつける」
というフレームワークがインパクトがありました。

 

私はこの本に出会うまでは一生サラリーマンとして生きる
イメージしかありませんでした。

 

でも、自分が選んだ楽しい仕事をしているはずなのに
心が晴れず苦しんでいる事に気が付きました。

 

「やりたくないこと」を深掘りしていくとムダに
自分の時間を奪われる事が本当にイヤだった事
が分かり愕然としたものです。

 

それから起業するという事にどんどん興味をもちました。

 

あっ、何だかセールスコピーライティングの話から
それちゃいましたが

 

この本にかぎらず、神田先生の本は一度ページを
めくったら最後。終わりまで読まずにはいられなくなります。

 

セールスコピーライティングを学んだ後でこの本を読むと
とても納得したものです。

 

だってセールスコピーライティングの基本が
本全体にちりばめられているんです!

 

正直、本一冊を写経する事をオススメします。

 

指が、脳が喜ぶのを感じます(笑)

 

当時すでに、アメリカではコピーライテイングの本や教材がたくさんありましたが

 

神田先生はそれを一生懸命に学んだそうです。
まだ日本には無かった

「セールスコピーライティング」
の技法で書かれたのがこの本だと思います。

 

だから今でも色褪せないし、学ぶ事が多い本です。

 

あっ、起業前の人は要注意です。
私みたいに起業家を目指すと楽しいけど茨の道ですから(苦笑)

 

 

Follow me!